日本コカ・コーラ株式会社(以下、日本コカ・コーラ)は、アメリカにあるザ コカ・コーラカンパニー(以下、コカ・コーラ社)の日本法人である。

日本コカ・コーラは、アメリカのコカ・コーラ社と同じく原液の製造販売を行い、
フランチャイズ契約したボトリング会社が飲料自体の販売を行っている。
日本コカ・コーラは、500人ほどの従業員数で、毎年日本国内企業の中で30位以内の法人所得金額を出す高利益企業である。

●日本コカ・コーラは商品ラインナップがとても豊富

興味深い点が、アメリカと違い、日本コカ・コーラは商品構成が多く個性的な飲料が多いので、非炭酸飲料の販売比率が高めであることである。

アメリカ国内では健康志向が影響し、炭酸飲料の販売が低下傾向にある中で、

日本の非炭酸飲料の高い販売比率が注目されており、重要拠点の一つとされている。

日本国内の出荷量は、清涼飲料業界ではシェアNo.1となっており、2位のサントリーの2倍である。

●災害時に活躍するコカ・コーラの自動販売機

日本国内では1962年に初めて、コカ・コーラの自動販売機が設置された。
最近の販売機では、マルチマネー対応のものもあり、現金以外でも電子マネー決済などに対応している。

さらに、地震などの災害時に緊急避難を余儀なくされた人たちのために、
遠隔操作によって無料で販売機が利用できるようになる災害対策用自販機もある。